加入のご案内

公立大学法人首都大学東京の教員および事務系・技術系職員は、「公立大学法人首都大学東京労働組合」を結成し、労働条件の維持・改善とより良い大学づくりをめざして活動を続けています。
本学には、都派遣の職員に加え、法人固有の教員(常勤・非常勤)および職員(正規・常勤・非常勤・アルバイト)が同一の職場で働いており、法人の固有職員の割合も漸増しています。このような状況のなかで、労働組合の役割も法人化以前とは大きく変わってきています。
本学で働く教員および職員が協力して現在の労働条件の課題を整理し、法人との労使協議を通じて、自らの労働条件を維持・改善するための不断の努力がこれまでにも増して重要となっています。
本学の労働組合は、教員・職員がともに交流・行動できる最適な場です。是非とも組合に加入くださいますようお願い申し上げます。


組合費

教員、法人固有職員(正規)、都派遣職員の組合費は、本給=給料月額(1000 円未満の端数切捨て。以下同じ)の1000分の9です。組合費の徴収は,東京都職員信用組合による自動振替を採用しています。
☆ 嘱託員,法人固有職員(常勤,非常勤)については,毎月給料の1000 分の6
☆ 非常勤講師および臨時職員(アルバイト)については,一律に月額300 円とする


組合への加入方法

首都大学東京労働組合に加入を希望される方は以下のリンクより申込書をダウンロードしてご記入のうえ,貴職場の支部委員・職場委員・執行委員、または組合事務室(同封の組合あて返信用封筒を利用し、学内便で)までご提出ください。組合加入申込書に直接書き込みメールで送信されても結構です。

pdf 組合加入申込書をダウンロード(pdfファイル)